FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行4日目 霧社で婆さんに会う

 とにかく蚊がうるさかったので、早く起きた。シャワーを浴びると、少しはまともな気分になったので、さっさと荷物を片付けて宿を出た。受付に昨日のおばさんはいなかった。阿材にも会わなかったのでほっとした。出るときにまただらだらと話したくはなかったのだ。
 今日の目的地は台湾中央部の山岳地帯に位置する「霧社」という小さな町だ。台中駅前のバス停からバスに乗る。直通はないので、まず中継地「埔里」行きのバスに乗った。バスに乗ると、婆さんが何やら話しかけてきた。婆さんは二人いた。僕が日本人だと分かるといろいろ質問してきたが、婆さんの国語(北京語)が下手くそなので要領を得なかった。太ったほうの婆さんが僕に対して「帥気」(かっこいい)と言った。僕が帥気ならおばさんは中国の花だろう。
 バスに乗って外を眺めていると、道路標識がどうしても気になる。気をつけて見ていると、「禁行路肩」(路肩通行禁止)の文字が目に入った。「路肩」なんて重箱読みの単語は間違いなく和製漢語であろう。とすると、また日本語をそのまま借用しているわけだ。昨日の「看板」もそうだったが、台湾は日本語をそのまま使用している例が結構ある。「便當」(弁当)もそうだ。たぶん「化粧室」もそうじゃないかと思う。大陸ではとんと見かけないが、韓国では使っているところも「看板」と同じである。
 埔里に着くと、霧社行きのバスまで時間があったので、朝食を食べることにした。近くの食堂に入って、「蛋巻飯」(たまごおにぎり)と豆乳を頼んだ。字面からは何が出てくるかあまり想像できなかったが、出てきたものを見て納得した。薄焼き卵でごはんを巻いている。食べると、中に鶏肉と少しの野菜と肉松(豚肉の田麩)と油条(挙げパンのようなもの)を細かくしたようなものが入っていた。何で中国の人は肉松とか油条を入れるのだろうか。理解に苦しむ。
 理解に苦しんでいたら時間がきたので、勘定を済ませて霧社行きのバスに乗り込んだ。乗客を見ると彫りの深い人が増えてきている。恐らく原住民だろう。霧社はタイヤル族の里だから、おおかたみんなタイヤル族なんだろうと思いながら見ていた。一番後ろに座ったので、話す言葉はよく聞こえなかった。霧社のバス停にに着く前に、小さなバス停があり、そこに「霧社」の文字が見えたので、しまった行き過ぎたと思ったが、次のバス停が霧社だった。
 霧社に着くと、『地球の歩き方』に載っているホテルを捜した。ホテルはセブンイレブンの横にあった。チェックインを済まして部屋に入ると、急に眠たくなった。昨日は蚊のせいで寝れなかったし、風邪のせいで体調も悪い。少し寝ようと思って横になり、そのまま1時間半ぐらい寝てしまった。目を覚ますともう1時を回っている。
 鼻をぐずぐずいわせながら、とりあえず見るところをさっさと回ってしまおうと思って出た。霧社というのは、1930年にタイヤル族の反乱が起きた場所である。日本人が134名、タイヤル族が約500名死んだという。反乱に加担したタイヤル族は全滅したというのだから凄まじい。今日はその遺跡を回る予定である。
 最初に「徳龍宮」というかつて神社だったところへ行った。行くと、入り口に真っ赤な鳥居が立っていた。その奥に見える階段に、当時日本軍によって反乱者の首が置かれたのだという。登ったところにある建物は今は中国風の道観に変わっている。
 次に、反乱軍のリーダー「モーナルーダオ」の墓に行った。墓はきちんと整備されていて、公園になっていた。中には反乱の様子を描いた銅像や、モーナルーダオの銅像が建っていた。記念碑には物々しいスローガンが刻まれている。その後ろにお墓があったので、手を合わせた。お墓の後ろの階段を登ると、小さな民宿があった。しんどくなってきたので、民宿のベンチに座って休憩した。霧社の町は小さく、そこから見るだけである程度全体の範囲を測ることができた。鼻水が止まらないので、セブンイレブンで買ったティッシュで噛んだ。台湾のティッシュは日本のティッシュと同じく柔らかい。
 鼻水を噛んだティッシュをモーナルーダオ公園のゴミ箱に捨て、もう少し歩いた。そこに、1930年に死んだ日本人のお墓が以前あったという場所がある。近くまで来ても当然標識はないので、うろうろしていると、白髪の婆さんが流暢な日本語で話しかけてきた。「お墓に行きたいんでしょ」というので、そうだと答えると連れて行ってくれた。お墓があった場所は今は家が建っていた。婆さんによると、日本人がやはりたまに来るらしい。金美齢みたいな感じの婆さんだった。後でもう一人婆さんに会ったが、こっちの婆さんの日本語はあまりうまくはなかった。覚えている人も忘れていく人もいるみたいだ。金美齢のほうは完全にネイティブのままだった。
 疲れて歩く気力もなくなってきたので、近くにあったお寺の「亭子」(屋根のある休憩所)に座った。風が気持ちよかったので、本でも読もうと思ってリュックを弄った。夏目漱石の『坊ちゃん』を読んだ。出発前、薄っぺらい文庫本で読み応えのありそうなものということで、本棚から出してきたのだ。読んでいると、漱石の軽快な筆致に入り込んだ。よくこんな風に文章を書けるもんだと思った。今読んでもすぐに分かるような分かりやすい文体である。面白いのでどんどん読んでいたが、坊ちゃんが松山に入ったあたりで目の前の景色が回り始めた。これは愈々いかんと思って、しばらく目をつぶっていたら治った。読書はやめにして宿に帰った。思いついて、宿の目の前にあった薬局で風邪薬を買い、屋台で「肉包子」(肉まん)を買った。肉まんというのはえらいもんだ。中国でも日本でも台湾でも大体予想した通りの味がする。はずれが少ないのだ。肉まんを発明した人が今いたら、ノーベル賞と国民栄誉賞を両方あげてもまだ足りない。
 肉まんを食べて薬を飲むと、また一眠りした。うとうとしながら、さっきの婆さんのことを考えた。婆さんは今でも日本統治期のことをちゃんと覚えているだろう。国民小学校やら教育勅語やらいろいろ覚えているんだろう。霧社事件のこともずっと聞かされてきたかもしれない。そして、日本人が来れば全然衰えてない日本語で応対するわけだ。台湾の片田舎にそういう婆さんがいることについて、何となく照れくさいような申し訳ないような気持ちがあった。そして、ここが日本だったということを実感せずにはいられなかった。それを嬉しいとさえ思った。それが不当であろうが何であろうが、とにかく嬉しい気持ちがやはり少しあった。僕も所詮は日本人だなと思った。
 しばらく寝た後、ベッドの上でしばらくテレビを見た。チャンネルを回していると、『キテレツ大百科』の吹き替え版をやっていた。大金持ちの坊ちゃんが、100万円の錦鯉をとんがりの家の池に預けていたのだが、それがある日いなくなった。結局、数日後警察が鯉を持ってきた。酔っ払いが鯉を抱えて持ち出し、路上で寝ていたところを鯉と一緒に保護されていたのだ。キテレツはその間、なんと何の発明も行わなかった。ただ、「警察に届出をしたほうがいい」と常識的なアドバイスをしただけだった。ドラえもんの展開とは一味違う。
 夜は台湾名物「牛肉麺」を食べた。蘭州の「牛肉面」とはちがって、加肉しなくても肉がある。喉も痛くなってきたので、薬を飲んでさっさと寝た。
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

風邪がいつ治るのか、ドキドキしながら読んでます。続きを乞う。

Re: No title

> 風邪がいつ治るのか、ドキドキしながら読んでます。続きを乞う。

そこかよ!!

教えて下さい

管理人様。
おはようございます。

今年台湾に行きました。
出発前の予備知識として霧社事件を知りましたが行ったことは
ありません。
歴史的な地を訪問されたことは貴重な経験だったと思います。

西海岸嘉義から日月譚に行きましたが、日月譚からは霧社まで
タクシーでどのくらい時間かかるのでしょうか?
東海岸花蓮から太魯閣渓谷にも行きました。
こちらは景色はよいですが霧社までは遠いと思います。

Re: 教えて下さい

こんにちは、台湾初心者さん。

僕は日月譚へは行ったことがないので何とも言えませんが、道路を見ると「埔里」を経由するようです。
ガイドブック『地球の歩き方』によると、日月譚から「埔里」が約90分、「埔里」から霧社が約80分ということなので、足して170分ぐらいかかるのではないでしょうか。約3時間ですね。結構遠いです。
太魯閣渓谷からだと、その倍ぐらい距離がありそうですね。かなり遠いです。

霧社はとても小さな町で、滞在中もっとも心が落ち着く場所のひとつでした。
タイヤル族が多いので、東南アジア系の顔つきをした人が多く、少しエキゾチックな雰囲気もあります。
でも、日本語でお婆さんと話しをしたり、神社の鳥居やモーナルーダオの墓を見ていると、ここも以前は日本だったことを思わずにはいられません。そして、かつて日本人とタイヤル族がここで殺し合ったことがあるのだと思うと、なんだか不思議を通り越して敬虔な気持ちにさえなります。歴史というのはすごいもんだなと。

霧社を訪問できたことは、僕にとってはとても特別な経験になりました。台湾初心者さんも機会があれば是非行ってみてください。

ちなみに、僕も台湾初心者です(笑)


> 管理人様。
> おはようございます。
>
> 今年台湾に行きました。
> 出発前の予備知識として霧社事件を知りましたが行ったことは
> ありません。
> 歴史的な地を訪問されたことは貴重な経験だったと思います。
>
> 西海岸嘉義から日月譚に行きましたが、日月譚からは霧社まで
> タクシーでどのくらい時間かかるのでしょうか?
> 東海岸花蓮から太魯閣渓谷にも行きました。
> こちらは景色はよいですが霧社までは遠いと思います。

有難う御座いました

管理人様(ささくれヒヤリハット様)
おはようございます。
早速の丁寧な回答ありがとうございました。

最初台湾は親日の国であるとばかり思って
いましたが、このような事件もあったので
すから、台湾へ行って浮かれてばかりでは
いけないと自省しおります。
大体の距離感がつかめたので、機会あれば
是非私も一度訪問したいと思っています。
(なお、日月譚は中禅寺湖の様な感じです。
蒋介石元総統の山荘は超高級ホテルになっ
ており、温泉も出るそうです。)

台中・寶覚寺境内(巨大な布袋さまの大仏
で有名です)で日本人墓地の墓守をしてい
るおばあちゃん(台湾人)が居ました。
穏やかな性格できれいな日本語を話してい
るのが印象に残っています。
今度また訪問できたら花を持参して行きた
いと思っています。

最後になりましたが、これからもちょくちょ
く寄らせて下さい。
プロフィール

ささくれヒヤリハット

Author:ささくれヒヤリハット
我不想做日本人,我想做東亜人!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。