FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行7日目 東帝士85ビルに上る

3月8日。

 相変わらず高雄にいて、うだうだやっている。体調はよくなってきたが、何となく旅行というものに疲れてきた。客家文物館というのがあるらしいので行ってみようと思う。前の会社でホンダの佛山工場と取引があって、そのときの担当者が客家人だった。思えばお世話になったなと思う。あの人は元気かしらん。
 MRTに乗って客家博物館に行ったら、お休みで入れなかった。『歩き方』を凝視すると、確かに月曜が定休日と書いてある。注意力不足がまた出たな。三つ子の魂はこのまま百までも二百までも行くんだろう。それで生きていることに意味があるんだろうかね。仕方ないのでもう少し足を伸ばして「糖業博物館」に行くことにした。
 「糖業博物館」は昔の製糖工場があったところで、今はその工場跡が博物館になっている。要するに廃墟を有効活用といったところなのだが、どうも廃墟から博物館になりきれていない。あちこちに退廃のしるしがある。置きっぱなしの機械とか汚れたままの壁とかどちらかというと廃墟よりだ。これで見物料をとると言ったら怒り狂うところだが、さすがに無料なのだった。近辺に日本式家屋が残っていた。中身は改装されたようなので、外観だけが瓦葺の和風である。売店で「仙草凍」なる飲み物を売っていたので、頼んでみたら、コーヒーゼリー牛乳のようなもんだった。敷地内併設の小さな博物館に、「樹懶来了!」(ナマケモノが来た!)と書いた幟が立っていたので、覗いてみようと思ったが、あいにく休みだった。別の看板には「人魚河童来了!」とも書いてあって、河童のミイラの写真が載っていた。休みだなんて運がない。
 日が暮れかけてから「東帝士85ビル」に上った。「東帝士85ビル」というのは高雄のランドマークタワーである。台北でも「台北101」というのに上ったが、東帝士のほうが人が少なくてよかった。上って外を見ると、本当に夕暮れから夜に変わるところだった。高雄の夜景は大きすぎず、寂しくもなく、ちょうどいい。下を眺めていると、学校のような建物のグランドで人がランニングしている。その人が一生懸命走っているのかだらだらと走っているのかまでは分からない。でも、高いところから見ると、その進み方はとても遅い。それを見ていると、人間のあまりのささやかさに胸が痛んだ。いくら夜景が綺麗でも、グランドで走る人は少しずつしか進めないのだ。
 帰ってから、チェーホフの『犬を連れた奥さん』を読んだ。主人公が若い女と不倫する話だ。こんな一節があった。二人がベンチに座って海を見下ろすシーン。「木々の葉はそよりともせず、朝蝉が鳴いていて、はるか下の方から聞えてくる海の単調な鈍いざわめきが、われわれ人間の行手に待ち受けている安息、永遠の眠りを物語るのだった。はるか下のそのざわめきは、まだここにヤールタもオレアンダも無かった昔にも鳴り、今も鳴り、そしてわれわれの亡いあとにも、やはり同じく無関心な鈍いざわめきを続けるのであろう。そしてこの今も昔も変らぬ響、われわれ誰彼の生き死にはなんの関心もないような響の中に、ひょっとしたらわれわれの永遠の救いのしるし、地上の生活の絶え間ない推移のしるし、完成への不断の歩みのしるしが、ひそみ隠れているのかも知れない。」
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もうすぐGWですね! どこか旅行でも行きますか?

4月も間も無く中旬ですね。 新入社員の方々や新入生の方々、会社に学校に慣れたでし...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

高雄の杖

管理人様(ささくれヒヤリハット様)
おはようございます。

「東帝士85ビル」ですが、私達は車窓観光でした。

高雄では土産物店に寄りました。
杖を欲しかったので値段を聞くと2万1千円でした。
1本の木から作るので高価になるそうです。
高いか?、妥当か?、飛行機に持込可能か?
結局断念しました。
もう少し目を養ってから買うことにします。

Re: 高雄の杖

台湾初心者さん:

コメントありがとうございました!
杖も結構高いんですね。僕も相場がどれぐらいか分かりませんが・・・。

高雄は大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいい街でした。
僕は広島出身なのですが、ちょうど広島ぐらいの規模じゃないでしょうか?



> 管理人様(ささくれヒヤリハット様)
> おはようございます。
>
> 「東帝士85ビル」ですが、私達は車窓観光でした。
>
> 高雄では土産物店に寄りました。
> 杖を欲しかったので値段を聞くと2万1千円でした。
> 1本の木から作るので高価になるそうです。
> 高いか?、妥当か?、飛行機に持込可能か?
> 結局断念しました。
> もう少し目を養ってから買うことにします。
プロフィール

ささくれヒヤリハット

Author:ささくれヒヤリハット
我不想做日本人,我想做東亜人!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。